雪下野菜

徳本です。

先週末の寒波の影響で、わったい菜の運営する農業法人TREE&NORF(鳥取市気高町)の畑は一面、雪に覆われました。

雪に覆われた源助ダイコンの畑の様子。

雪下 源助大根 畑

雪の下で獲る野菜を、「雪下野菜」「越冬野菜」などと言います。

寒さの厳しい北海道や東北地方では、秋に収穫する野菜をそのまま雪の中に寝かせておいたり、一度収穫した野菜を雪室で貯蔵することもあります。雪の下は温度が一定で、適度な湿度もあり、野菜の貯蔵には適しています。

また、雪の下では野菜自身がアミノ酸を糖質に変化させ、凍らないように自衛します。そのため、雪下野菜は甘みがぐっと増しより美味しくなります。特にダイコン、ニンジン、キャベツ、白菜などは雪下に適しています。

収穫を待つ源助ダイコン

雪下 源助大根

白ネギ畑。雪の重さでネギが折れないように紐で補強しています。

雪下 有機白ネギ

約5000玉が埋まる白菜畑

雪下 白菜 畑

収穫を待つ白菜。生で葉っぱを千切って食べてみるとその甘さに驚きます。八百屋わったい菜にも毎日出荷中です。もちろん鳥取こだわり野菜の宅配ボックスにも入りますよ!

雪下 白菜

来週から出荷予定の黒田五寸ニンジンも良い感じで育ってきました。

雪下 ニンジン 収穫

これから年末に掛けて更に雪が降りそうですし、甘みの乗った雪下野菜をぜひ味わって頂ければと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です