タグ別アーカイブ: 鳥取の野菜

野菜を重ねて煮てみれば。

もともと腰が悪く、最近腰をケアするがあまり他の部位にものすごく負担をかけてしまい、ついには膝を痛めてしまいました。愛する武将「黒田官兵衛」のような歩き方になりほんのちょっぴり嬉しいヤマサキです。

毎週金曜日は「八百屋わったい菜」で定期イベントを行っています。先々週11/21(金)は、野菜をふんだんに使用した野菜の重ね煮をテーマにした、「野菜を重ねて煮てみれば」という八百屋らしいイベントを行いました。

重ね煮とは?

野菜の調理はいろいろありますが、野菜の旨味をこれでもか! と引き出してくれる調理法、それが「重ね煮」です。ひとつの鍋に色々な野菜を順番に重ねていく、たったこれだけなのです。

まずは重ねる野菜をご紹介。
続きを読む


打木源助大根

こんにちは、和多瀬です。

11月も中旬になり、かなり寒くなってきました。我が家は商店街の中にある日当りの悪いアパートのため、この季節になると、冷蔵庫の中にいるような錯覚を覚えるほど、寒くなります(ホントです)。

暖房器具で部屋を暖めてしのぎつつ、食事も、自然と温かいもの中心になってきます。

たとえば、煮物。

01
続きを読む


紅アズマの新しい規格が仲間入りしました

松葉ガニ漁が解禁され、わったい菜でも出荷が始まりました。今年は早い段階から冷え込んでますので既に身がひきしまってるとか、ひきしまっていないとか。ってどっち!?当然ひきしまって美味しいですよ。しかも出だし好調なようで、豊漁らしいです。

さてさて、今回はそんな松葉ガニの話題とお思いでしょうが、違う商品の紹介です。なんとですよ、松葉ガニの裏で増えた商品のため、まだお気づきでない方へ朗報です!!!!!

農薬・化学肥料を使わず栽培した 有機JAS認証 鳥取県産 サツマイモ(紅アズマ)」この商品に、「訳あり」が仲間入りしました!!

さてさて、今回は、その「訳あり」の説明をいたします。
続きを読む


白ネギの季節

佐々木です。

最近は気温が下がり、夜もだいぶ冷え込むようになってきました。仕入れる野菜のラインアップにも少しずつ変化があらわれ、冬の到来を感じます。

冬の料理といえば、やっぱり鍋ですね。大根や白菜やカブをグツグツ煮て、ハフハフしながら食べ、体も温まってしまう。なんて素晴らしい料理なんでしょう。

子供の頃は鍋が好きではなかったので、冬になるとやたらと晩御飯を鍋にしたがる父親のことが理解できませんでした。冬になって鍋が食べたくなるなんて、わたしも年を取ったのだなとしみじみ感じてしまいます。

鍋といえば、白ネギの存在も忘れてはいけません。火を通すとやわらかくなり、口の中に広がる甘みとトロ~リとした食感が特徴です。
続きを読む


男爵のフライドポテト

こんにちは、和多瀬です。

わったい菜が運営する農業法人TREE&NORFの畑で収穫されたジャガイモは、地元鳥取の八百屋わったい菜はもちろん、東京や大阪などの安全や品質にこだわる食料品店やスーパーなどを中心に好評いただいているようです。

確かに、なんというか美味いイモなんですよね。

で、ジャガイモは工業製品ではありませんから、取引先から求められるサイズ、つまり大きめのものばかりが都合よくできるわけではなく、ピンポン玉のような小さなものもあります。

こうしたサイズのものは消費者からもあまり好まれないため、当然、それを販売する食料品店からも要らないと言われてしまいます。確かに洗ったり皮むいたりがめちゃくちゃ面倒なんですよね…。
続きを読む


紅アズマ vs 安納芋 糖度対決

こんにちは、和多瀬です。

サツマイモの季節がやってきました。

と言っても、特に個人的にサツマイモに対して思い入れは全くないのですが、先週末に東京本社から同僚たちがやってきて掘ったサツマイモがオフィスに積まれていると、否が応でも気になるってもんです。

サツマイモと言えば「甘い」。甘いと言えば「糖度」。というわけで、サツマイモの糖度を計ってみました。

甘いサツマイモで有名なのはやはり安納芋。「蜜芋」とも呼ばれるほどですが、ちょうど知り合いの生産者がつくっている安納芋がオフィスにあったので、今週から販売を開始したTREE&NORF(わったい菜が運営する農業法人)が栽培した紅アズマと糖度を比べてみることにしました。

紅アズマ vs 安納芋

写真左が安納芋、右が紅アズマです。

紅アズマと安納イモ
続きを読む


赤シソジュース

佐々木です。

お盆が過ぎ、雨が続いたせいか、鳥取は朝晩涼しい日が続いています。過ごしやすい反面、このまま夏が終わってしまうのかと思うと、少し寂しい気もしています。

この時期になると、生産者から赤シソのジュースのお裾分けをいただきます。初めて飲んだ時から、すっかり赤シソジュースのおいしさにハマってしまい、毎年この時期が来るのを密かに楽しみにしています。

今年もいただいたのですが、早々に飲みきってしまったので、我が家でも「赤シソジュース」を仕込むことにしました! さて、上手くできるでしょうか。
続きを読む