男爵のフライドポテト

こんにちは、和多瀬です。

わったい菜が運営する農業法人TREE&NORFの畑で収穫されたジャガイモは、地元鳥取の八百屋わったい菜はもちろん、東京や大阪などの安全や品質にこだわる食料品店やスーパーなどを中心に好評いただいているようです。

確かに、なんというか美味いイモなんですよね。

で、ジャガイモは工業製品ではありませんから、取引先から求められるサイズ、つまり大きめのものばかりが都合よくできるわけではなく、ピンポン玉のような小さなものもあります。

こうしたサイズのものは消費者からもあまり好まれないため、当然、それを販売する食料品店からも要らないと言われてしまいます。確かに洗ったり皮むいたりがめちゃくちゃ面倒なんですよね…。

とはいえ棄てるわけにもいかないので、小さいのを逆手にとって、ほぼそのままのものをフライドポテト用に加工することにしました。

「農薬・化学肥料を使わず栽培した
ジャガイモのフライドポテト」

500g 380円(税込)

小粒のジャガイモをしっかり洗って半分に切り、蒸してから冷凍しています。

商品名のとおりフライドポテトや素揚げにもピッタリですし、カレーポトフジャーマンポテトや皮付きのポテトサラダなど、かなりいろいろ使えます。まあ、ジャガイモですしね。

フライドポテトは、冷凍状態でフライヤーに入れてサラダ油をひたひたになるまで入れて、加熱。油の温度が高くなってきてフライドポテトの表面に色が付いてきたらできあがり。ちょっと変わった作り方ですが、簡単に美味しくできますので是非お試しください。

わったい菜のフライドポテト

この週末はキャンプしてきたので、自宅でつくったポトフを持参し、キャンプ場ではジャーマンポテトをつくりました。半解凍されていたので、熱したスキレットに投入してものの3分ほどで食べごろになりました。手軽で使いやすい!

わったい菜のフライドポテトでジャーマンポテト

後半はガラムマサラで少し風味を変えて楽しみました。いや〜、ビールがすすみましたよ〜。

それではまた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です