カテゴリー別アーカイブ: 鳥取網代のもさえび

鳥取網代のもさえびが旬

徳本です。

鳥取網代のもさえびが、一番美味しい時期になってきました。

鳥取網代港で水揚げされたクロザコエビ、通称もさえび

もさえび、本名クロザコエビ

地元鳥取で「もさえび」と呼ばれるこのエビは、正式名を「クロザコエビ」といい、9月から翌5月にかけて日本海の沖合底曳き網漁により、カレイやハタハタと一緒に水揚げされます。

外見が茶色っぽいため、甘エビほど見た目の華やかさはありませんが、プリップリの弾力ある食感や甘みは、甘エビより濃厚です。しかし、水揚げされて間もなく頭部が黒く変色し商品価値が下がることから、遠隔地へはあまり出荷されていません。
続きを読む


もうすぐ終了、もさえびシーズン

こんにちは、和多瀬です。

本日は午後より、もさえびを撮影しました。

もさえびは鳥取の海の味覚を代表する存在で、一度食べた人は、その身の甘さと食感に病み付きになるのですが、その存在を県外で知る人はほとんどいません。

その理由として、もさえびは水揚げ後間もなく頭部の色が濃くなり始めるため、県外へ輸送している間に見た目が悪くなり、商品価値が下がってしまうからです。
続きを読む


モサエビ、解禁!

徳本です。

県外から鳥取にお客さんが来られて、その珍しさと美味しさから驚かれる食材の一つが、モサエビです。このエビは、正式名を「クロザコエビ」といい、9月末から5月にかけて日本海の沖合底曳き網漁により、赤ガレイやハタハタと一緒に水揚げされます。但し、11月~3月の松葉ガニ漁期と重なるため、春先3月~5月が最盛期となります。

鳥取網代のモサエビ

外見が少し茶色っぽいため、甘エビほど見た目の華やかさはありませんが、プリップリの弾力ある食感や甘みは、甘エビより濃厚で、頭部の味噌も絶品です。しかし、頭部の黒変が早く商品価値が下がることから、遠隔地へはあまり出荷されていません。まさに地元でしか味わうことのできない幻のエビです。
続きを読む