カテゴリー別アーカイブ: 日本ミツバチ

日本ミツバチの蜂蜜

徳本です。

昨朝、生産者より「これから蜜採るで」と連絡があり、急遽ですが鳥取市河原町の山間で日本ミツバチの採蜜の様子を取材しました。

日本ミツバチとは日本の固有の在来種で、地域の里山で四季の数百種類の花々から蜜を集め、いわゆる百花蜜を作ります。一般的な西洋ミツバチの蜂蜜と比べ非常に希少で、味が良質な為、かなり市場価格は高いです。以前、今回の生産者の藤原さん宅で試食させてもらいましたが、濃厚で口の中に野山が広がるような不思議な感覚を覚えました。
続きを読む


日本蜜蜂の養蜂 – 巣箱の清掃

スタッフの和多瀬です。

本日日曜日は、朝8時過ぎから八頭郡某所にて、日本蜜蜂の養蜂を取材しました。前回の取材から3か月半。蜂の巣の生育(?)具合の確認と、養蜂の重要な作業である「巣箱の清掃」の様子の撮影、おおよその仕入れ価格の確認などが、本日の主たる目的でした。

スズメバチの侵入を防ぐために設置された防御網

スズメバチの侵入を防ぐ日本蜜蜂の巣の防御網
続きを読む


日本ミツバチの養蜂家

徳本です。

早朝から村尾、和多瀬と3名で鳥取市用瀬町鷹狩へ、かねてより楽しみにしていた日本ミツバチの養蜂家との面談、取材に向かいました。

日本在来種の日本ミツバチは、現代では非常に数が少なくり、ハチミツ自体も非常に希少で高価だ。セイヨウミツバチなどに比べ、標高の高い場所に生息するという日本ミツバチは、人工的な養蜂に向かないと言われています。色々な意味で謎のベールに包まれている日本ミツバチの養蜂の現場を初めて訪れました。

日本ミツバチの巣箱

用瀬の喫茶店で、養蜂家たちと顔合わせ。約1時間、自分たちがなぜわったい菜を始めたのか、何を大切にしてきたかといった話をしました。お互いにやや緊張していましたが、時間が経つにつれ解れていきます。
続きを読む