紅アズマ vs 安納芋 糖度対決

こんにちは、和多瀬です。

サツマイモの季節がやってきました。

と言っても、特に個人的にサツマイモに対して思い入れは全くないのですが、先週末に東京本社から同僚たちがやってきて掘ったサツマイモがオフィスに積まれていると、否が応でも気になるってもんです。

サツマイモと言えば「甘い」。甘いと言えば「糖度」。というわけで、サツマイモの糖度を計ってみました。

甘いサツマイモで有名なのはやはり安納芋。「蜜芋」とも呼ばれるほどですが、ちょうど知り合いの生産者がつくっている安納芋がオフィスにあったので、今週から販売を開始したTREE&NORF(わったい菜が運営する農業法人)が栽培した紅アズマと糖度を比べてみることにしました。

紅アズマ vs 安納芋

写真左が安納芋、右が紅アズマです。

紅アズマと安納イモ

湿らせたキッチンペーパー、続いてサランラップでしっかり包み、レンジへ。200W、9分を目安に加熱します。500Wや600Wで加熱したほうが早く蒸せますが、サツマイモは低温でじっくり加熱したほうが、糖度がより引き出され、美味しくし上がります。

安納芋の糖度

さて、まずは安納芋から。濃い黄色の実(?)がいかにも甘そうです(写真無し)。実を潰してペースト状にして、糖度計へ。

安納イモの糖度 33.0度

33度! オオオ、、、さすがは安納芋、30度超え!です。

紅アズマの糖度

続いて、紅アズマ。同じ方法で加熱し、ペースト状にした実を糖度計に載せてみます。

「え? 嘘でしょ?」

紅アズマの糖度 47.7度

47.7度!!!

「ハ、ハンパネエッ!!」

オフィスは驚きの声に包まれ、糖度を計るために蒸した紅アズマは、あっと言う間にスタッフの胃袋に入っていきました(安納芋も)。いや〜、それにしてもこの糖度には驚きました。念のために何か所か試してみましたが、すべて43度以上。うーむ、スゴイ…。

お買い求めいただけます ^_^

個体差はあるとは思いますが、今年のTREE&NORFの紅アズマはかな〜りよいデキのよう。ただいま、わったい菜で販売中です。スイートポテトや大学芋、サラダや天ぷら、コロッケなど大活躍間違いなしですよ。


紅アズマ vs 安納芋 糖度対決」への1件のフィードバック

  1. でこ

    普通のサツマイモだといくつくらいなのでしょうか?
    今学校で育ててるんですけど気になります
    あと高いのはどのくらいなのでしょうか

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です