月別アーカイブ: 2015年1月

ヒートショックプロテインを増やしてみた

前回のブログでご紹介させていただいた、ヒートショックプロテインを増やす実験を行ってみました(個人の感想として読んでいただければと思います)。

まず、ブログを書いたその直後、なんと喉の痛みがじわじわと発生。

「しばらく風邪をひいていません\(^ー^)/」

と、誇らしげに書いた当日に風邪をひいてしまうなんて、それはちょっとみっともない。。

帰宅後さっそく鳥取瑞穂生姜のコンフィチュールを一口頬張り、少し冷めかけていたお湯を追い焚きし、ジャボン。すぐにのぼせる質なので、若干ふらつきながら1回目の実験を終了。その時点では喉の痛みは治まらず、あやしい雰囲気は続いていました。
続きを読む


雪下野菜はなぜ甘い?

寒い日々が続く中、皆さまいかがお過ごしですか? 鳥取は晴れの日がほぼ無く、いつも曇っていたり雨が降っていたりヒョウが降っていたりと寒く厳しい天気になっています。さてさてそんな厳しい寒さの中、野菜のほうは、甘みが増してきていてとても美味しく育っているようです。

そんな今回のテーマはこちら。野菜はなんで寒くなると甘みが増すって言われてるの? です。

育てたことがある人ならわかると思いますが、植物にとってお水、太陽がとても大事なのは当然です。農作物もすべてこの2つが重要な要素となってます。

晴れも大事だし、時には雨も降ってもらわないと野菜たちは中々うまく育ちません。ずっと曇りの場合は日照時間という大事な太陽の光を浴びることが出来ないのでヒョロヒョロになってしまいます。

そんな中で「寒さ」というものは料理でいうところの「隠し味」みたいなものです。特に雪の下に埋もれる野菜は本当に美味しく育ちます。

さてさて紙芝居みたいな形で進めてまいりましょう。
続きを読む


琺瑯のある生活

こんにちは、和多瀬です。

突然ですが、みなさんは琺瑯(ホーロー)の製品をお持ちでしょうか? わたしはというと、昨年の春に実家を出てアパートを借りて暮らすようになってから、急速に琺瑯製品が増えています。

例えば、ルクルーゼの鍋(ロンドやオーバル)やグリルであったり、保存容器であったりします。いずれも使わない日はないくらいよく使うのですが、今日は保存容器について書いてみたいと思います。

琺瑯の良い点、言い換えるとわたしの好きな点(そして、琺瑯を使っている人の多くが同じく好きだと思われる点)は、だいたい次のようなものではないでしょうか? まあとにかく便利なのです。
続きを読む


ヴィラ・ノッツェ ランチ

佐々木です。

先日、オフィス近くの結婚式場ヴィラ・ノッツェカロー鳥取様の「ヴィラ・ノッツェ ランチ」のランチをいただいてきました。

ヴィラ・ノッツェカロー鳥取様では、普段は、一般へのランチやディナー営業は行っていませんが、年に一度誰でもそのお料理が楽しめます。それが「ヴィラ・ノッツェ ランチ」なのです。

今回は、この貴重な「ヴィラ・ノッツェ ランチ」のメニューに八百屋わったい菜の野菜をふんだんに使っていただいたこともあり、これは必ず行かなければ!と鼻息荒く向かったのであります。

正面玄関から入ると、正面に本日のメニューが。
続きを読む


白菜の出荷が最盛期

徳本です。

わったい菜が運営する農業法人TREE&NORF白菜(品種:王将)の出荷が最盛期を迎えています。

白菜の基本情報

白菜は、キャベツと同じアブラナ科の野菜で、地中海沿岸が原種発祥地といわれています。

中国を経て日本に白菜が入ってきたのは江戸時代末期ですが、当初は結球(葉が重なり合って玉のようになること)が難しく、しばらくは試行錯誤が続いたようです。品種育成に成功した大正から昭和初期にかけて全国に広がっていきました。
続きを読む


新年つれづれ

ヤマサキです。

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

先日、社員総出で恒例の初詣へ。年始の決意を新たにする大事な行事、各々それぞれの想いをこめて願かけをして来ました。写真は、神様に何かをお願いする横田。

想いを込めてお参り
続きを読む


ヒートショックプロテインを増やそう

1月後半に入り、お正月気分もだいぶ抜けてきましたが、皆様はどのような年末年始を過ごされましたでしょうか。私は年明けから一週間、毎日のように悪夢を見てうなされていました(汗)。地球が破壊される夢、幽霊の夢、ゾンビに噛まれる夢などなど、見ている最中は恐怖ですが、思い返せば映画のようで面白いです。

さて、先日テレビでも紹介されていましたが、近年、「HSP(ヒートショックプロテイン)入浴法」というものが流行っているようです。以前は、低めの温度のお風呂に長時間つかる健康法が主流でしたが、このHSP入浴法は、40~42度のお湯に10~20分程度浸かり、体を温める方法です。

体温をしっかり上げることで、体内の「ヒートショックプロテイン(細胞内のタンパク質の傷を修復する物質)」が増え、細胞全体が元気になるというものです。免疫力の向上、若返り、ダイエットに良いと話題になっています。
続きを読む