月別アーカイブ: 2014年5月

有機JAS認証 根付きらっきょうの予約受付を開始

私の親戚の農家では、らっきょうの収穫が始まりました。

断片的ではありますが、私が実際に体験した範囲内でらっきょうの栽培についてご紹介いたします(農家さんによって収穫・加工方法は異なります)。

らっきょう掘り

らっきょうは、専用のトラクターで掘り上げます。トラクターの後ろに5個ほど設置されたコンテナはすぐ満杯に。砂の上で足元が不安定な中、ビールケースほどのサイズのコンテナを人力で降ろし、すぐに空のものを設置。そしてまた掘り、いっぱいになったら降ろし。。という作業が日に何度も繰り返され、さらにそれが数週間続きます。
続きを読む


鳥取のお米、売れてます 2

先日、バッティングセンターに数年ぶりに行きました。その翌日に筋肉痛がきて「・・・よしこの早さなら大丈夫、まだ若い!」と自信をもったでおなじみのわったい菜 横田です。そもそもバッティングセンターに行っただけで筋肉痛って・・・。

さて、今回も鳥取のお米を紹介します。当然今回は「かどわき米」です。わったい菜で取り扱っているお米の種類は、コシヒカリがほとんどですが、このかどわき米のみ「ミルキークイーン」という品種になります。

ミルキークイーン

ミルキークイーンって品種、みなさまご存知ですか?

これは農林水産省が、今までに無かったまったく新しい品種のお米を開発して色々な用途に使おうと、題して「スーパーライス計画」という計画でコシヒカリをベースに改良されてうまれた、低アミロース品種なのです。
続きを読む


固定種野菜について語る ( 1 )

こんにちは、和多瀬です。

季節が春から夏へと向かっています。

冬から春へと切り替わるころ、鳥取の畑から収穫できる野菜の品目はかなり少なくなります。そのため、八百屋わったい菜などで提案できる野菜も少なくなってしまうのですが、このところ、入荷される野菜の種類も徐々に増えてきました。

毎日必ずと言っていいほど食べている野菜は、わたしたちにとって非常に身近な存在。身近過ぎて、「野菜って一体何だろう?」なんて考えたことはないと思います。

今日は、そんな野菜について少し考えてみたいと思います。

野菜には、2種類ある

いろいろな分け方がありますが、野菜の元となる「種」で考えた時、野菜は大きく二つのグループに分けることができます。「F1種(えふわんしゅ)」と「固定種(こていしゅ)」です。
続きを読む


聖神社の神幸祭

佐々木です。

鳥取では、春の例祭として2年に1度、5月の第三土曜日と日曜日に聖神社の神幸祭(しんこうさい)というお祭りが行われます。聖(ひじり)さんの呼び名でも親しまれる、240年前から続く由緒あるお祭りです。鳥取県無形民俗文化財にも指定されているそうです。

わったい菜でもお世話になっている宝月堂のご主人から「お祭りの御神輿、担がない?」というお誘いがあり、昔から浅草の三社祭のような歴史あるお祭りに憧れていたわたしは「ぜひ!」ということで、聖神社の御神輿を担がせていただくことになりました。

朝7時半にハッピと足袋のスタイルで聖神社に集合。実は、聖神社に行くの初めてだったので迷子になって遅刻しないかドキドキでした。
続きを読む


世界一位になった大山Gビール

徳本です。

鳥取は田植えの時期に入り、田んぼには水が張られ、夜になるとカエルの合唱が始まっています。

わたしはもっぱら、気高町の自社ファームとわったい菜オフィス(八百屋わったい菜の2F)を行き来する日々ですが、先週ごろから、日中気温が25度以上の汗ばむ陽気が続いており、帰宅後の缶ビールが何よりの楽しみになりつつある今日この頃です。

ビールと言えば、鳥取には世界に誇るべき大山Gビールがあります。

デデン!
続きを読む


Tottori 衣・食・住 つなぐ市

ヤマサキです。

5/18(日)に鳥取県中部・湯梨浜町(旧羽合町)で行われた「Tottori 衣・食・住 つなぐ市」に行ってきました。

つなぐ市

場所はハワイアロハホール、そう、ここは「鳥取のハワイだでぇ~」でお馴染みの「ハワイ町」なのです。
続きを読む


大栄「侍」スイカの予約受付を開始しました

奥田農園の大栄「侍」スイカのご予約受付を開始いたしました。出荷開始直前まで、早期割引価格でご提供中です。

スイカと言えば、塩をふる派、ふらない派とありますが、みなさんはどちら派ですか? 私はふらずに食べる派で、小学生の頃に友人宅でスイカがおやつに出てきて、塩をふるかと問われちょっと困惑した懐かしい思い出があります。逆に、卵焼きは甘めよりもしょっぱめが好きです(余談)。
続きを読む