月別アーカイブ: 2014年4月

わったい菜でお買い物をしよう編

いつも、わったい菜をご利用くださいまして、誠にありがとうございます。ネット通販お客様担当でおなじみのわったい菜の横田です。本日は、わったい菜をご利用のお客様方、わったい菜のご利用をご検討中のお客様方と一緒に、わったい菜でのお買い物のやり方をご一緒に体験していただけたらと存じます。

・・・・・・。

ふぅ・・・やはり硬い口調は難しい・・・。いつも通りに戻します。というわけで、ネットのお客様担当横田がわったい菜でのお買い物ツアーを開きたいと思います!!今後の参考にしていただければ幸いです。ただ・・・今回は史上最長じゃないかという世にも恐ろしい・・・(いつも同じこと言ってる)

STEP1 会員登録をしてみよう!

まず、わったい菜のTOP画面、こちらの一番最下部。灰色にいなっている部分を見てください。
続きを読む


ホタルイカのパスタ

こんばんは、和多瀬です。

先日、徳本が鳥取網代のホタルイカについてブログを書いておりましたが、彼の記事を自宅で読みながら「ホタルイカ、食べたいな〜」などと思っておりましたら、帰宅した家族が「ホタルイカもらってきたで〜」と。

何とタイムリーな!

(少し話がズレますが、鳥取(に限らず、おそらく地方都市)ではこういうことが良くあるんです。「イカをたくさんもらったから食べよ〜」とか「椎茸たくんもらったから食べよ〜」とか「ハチミツがたくさん取れたからもらって〜」とか)

というわけで、先日届いたばかりのアルミ製のフライパンを使ってみたかったということもあり、ホタルイカのパスタをつくってみることにしました。庭に出てみると、プランターでアスパラガスがニョキニョキと伸びていたので、こちらも一緒に。
続きを読む


山菜を楽しむ

佐々木です。

鳥取も暖かい日が続き、山菜の収穫も本格的になり、いろいろな種類の山菜を楽しめるようになってきました。子供の頃は、独特の香りと苦みが苦手だった山菜も、この歳になり、天ぷらにして日本酒と食べたらおいしいだろうなぁなどと山菜の収穫の時期が来るのを待ちわびるようになって来ました。人の味覚は、変わるものですね。

今日は、八百屋わったい菜でも販売している山菜をいくつかをご紹介したいと思います。

タラの芽

山菜の王様 タラの芽

ウコギ科のタラの木の新芽をタラの芽といいます。春の訪れを感じさせる爽やかな香りとほのかな苦みが楽しめる山菜の王様です。

タラの木には、女ダラ(メダラ)と男ダラ(オダラ)があります。野生のタラの木は白く、鋭い棘が沢山あり、男ダラと呼ばれてます。近年、増えているハウス栽培のタラの芽は、女ダラでの栽培が多いようです。

その他、定番の山菜、その調理方法や裏技をいくつかご紹介しましょう。
続きを読む


鳥取網代のホタルイカが旬

徳本です。

鳥取網代のホタルイカが美味しい時期です。

ホタルイカはその名の通り、淡く青く美しく光るイカです。

鳥取網代のホタルイカ

鮮度が落ちるのが非常に早く、冷蔵便が広まる前までは産地外に出ることはほとんどありませんでした。平成に入ったころから、少しずつ一般の食卓にも広がっていったようです。しかし、横浜から来た横田も初めて食べたように、まだまだ一般的には食されていない海鮮だと思います。

ホタルイカは、刺身で良し、茹でて良し、干して良し、煮て良し、揚げて良し。様々な食べ方で楽しめます。
続きを読む


アースデイ空山 2014

ヤマサキです。

4/19(土)に鳥取市越路大谷の空山ポニー牧場で行われた「アースデイ2014空山」に、「八百屋わったい菜」として参加しました。

アースデイとは

世界各地で行われているアースデイは1970年にアメリカではじまり、現在では大人から子供まで国境・民族・信条・政党・宗派を越えて多くの市民が参加し、世界中の国や地域、約5000か所で行われている、世界最大の環境フェスティバルです。日本でも全国各地で様々な環境活動やアクションが行われ、市民活動を生み出すうえで、大きな役割を果たしています。

ここ鳥取では、空山ポニー牧場にて2006年より4月下旬の日曜日に毎年開催。回を重ねるごとに来場者も増え、賑わいとともにアースデイが広まってきています。当日は主催者・出店者・来場者と、三者共通の願いが叶い、気持ちの良い青空が広がりました。

沢山の人でごったがえし大盛況。お子様連れが多いです。

ご覧のとおり、春の陽気と空山の魅力に誘われて、沢山の人で賑わいました。出店は飲食や雑貨、リフレクソロジーなどさまざま。
続きを読む


鳥取境港 田手商店の干物に、新たな仲間が加わりました

わったい菜の商品の中で最も支持されている商品のひとつであり、わたくし村尾が個人的にもおすすめしているのがこちら。

鳥取境港 田手商店の干物です。 お客様からはこんなお声もいただいています。

商品紹介の通り、種類ごとに別パッケージになっていて、1尾ずつ(串刺しのものは一串ずつ)きれいに分かれてしっかり凍った状態なので、パッケージ内で重なりあっていてもはりつきなどはなく、食べたい分だけをサッと取り出せました。そして凍ったまま焼くだけ。なので、少しずつ食べたい一人暮らしや少人数のおうち、お仕事で忙しい方にも便利だと思います。塩分控えめの上品な味で、健康志向の方にも良いと思います。生臭さはなく身もふっくらで美味しかったです。冷凍室の空き具合に合わせて、リピートしたいと思います。

素材の旨さのみならず、ひとつひとつ丁寧に手作業で作られるその見栄えは、時折「鮮魚かと思った」とのお声をいただくほどの美しさ。以前、和多瀬のブログでも人気の理由をご紹介させていただいております。

そんな田手干物に、この度新たな商品が加わることとなりました。田手干物の常連様にも、新たな商品をお楽しみいただければ嬉しいです。新商品のラインアップはこちら。
続きを読む


山陰一人旅(4) 島根県の松江城とおまけ(後編)

米村いちご農園のあきひめの販売が4月下旬で今年分が終わってしまいます。皆様お買い求めはお急ぎを。私も購入して実家の両親に3L/4L混載を送ってあげたら大変喜ばれました、でおなじみの横田です。今回の一人旅日記があまりに長いので、二日間連続更新をして一気に加速してみました。皆様昨日ぶりです。今回は超長い日記となってしまいました。本当にお暇でお時間があるときにでも読み進めていただけましたら・・・。汗

城下町を歩く殿の私と架空の爺。こら、架空とか言わない!むなしくなるでしょ!と、自分にツッコミを。いやぁしかし本当に城下町を歩いてる雰囲気ですね!いいところだなぁ。

松江城の城下町

なんか本当に城下町を歩いてる気分になります。ちょっと残念なのが、歩道が狭く車道が広いので、人が二人歩くと一人は車道に出て歩くような形になってしまうところでしょうか。
続きを読む