月別アーカイブ: 2013年8月

エンジン02の講座「鳥取食材を全国発信するには」に参加

こんにちは、和多瀬です。

先週土曜日(8/24)、エンジン02のコンテンツの一つとして鳥取砂丘のとある施設で実施された、レストランジャーナリスト犬養裕美子さんによる講座「鳥取食材を全国に発信するには」に参加してきました。期せずして最前列、ヤル気満々な感じの席で。

犬養さんは、わたしがレストランでの食事を楽しむキッカケをくれた人です。今から10年ほど前、20代後半だった頃に読んでいた雑誌で紹介されていた東京のレストランガイド本を何となく買ってみる気になり、読んでみたところ、紹介されているお店にすごく行きたくなってしまいました。100軒以上紹介されていましたが、半分近くは実際に行ったと思います。
続きを読む


夏季休暇~鳥取小旅行

佐々木です。

鳥取は、だいぶ暑さが和らぎ、朝は少し肌寒いくらいです。

先週末は、妻の両親と甥っ子姪っ子が2泊3日で初めて鳥取の我が家に遊びに来ることになり、夏季休暇を取っていました。鳥取の良さを知ってもらおうといろいろと妻とも話し合い計画を立てました。

一同が到着し、まずは鳥取の海の新鮮な海鮮を食べてもらおうとお気に入りの料理屋に行きましたが、満席で待ち時間が1時間以上のうえ、待っていても閉店時間になったら終了するということで断念。急遽、知人から海鮮が美味しいと聞いていたお店に向うもこちらも予約客でいっぱいでした。。何とかお昼ごはんにありつくことはできましたが、いきなり予定が狂いました汗。
続きを読む


ビジョンを本音で考える

徳本です。

久しぶりの海外出張であったり、日本の戦前戦後の人物伝を何冊か読んだりし、自分の視野や考えの小ささを痛感しているここ1週間です。

生産現場で生まれているドラマと確かな品質の食材を軸に、鳥取から全国へ、そして世界へ挑戦していけるような事業にしていくべく、自分たちが作り上げたい世界観とそれを実現する為の手段を、今一度考えています。
続きを読む


エンジン02 さきどりの食卓にて

こんばんは、和多瀬です。

鳥取市や鳥取青年会議所が中心となって準備を進めてきた「エンジン02 さきどりの食卓」というイベントが、24日(土)25日(日)の二日間に渡って開催されました。

これは、鳥取県に眠る「たから」=「観光資源」をあらためて見直し、「鳥取県全体が一つのお店のようになって情報発信し、おもてなしの心で観光客を迎えよう」という目的のもと開催されたイベントで、5か年に渡って鳥取県内各地でイベントを開催しながら、様々な切り口で「たから」を再発見、発信していこうというもの。一年目の今年は「食」がテーマでした。

昨年の春に鳥取市で開催され、かなり盛況だった「エンジン01文化戦略会議」の講師陣の中から、食に精通された方々を招き、一日目(24日)は90分の「講座」と、講師と一緒に料理とお酒を楽しみながら語り合う「夜楽」。二日目は 続きを読む


アフリカの田んぼ

佐々木です。

智頭への仕入れの途中、いつも目にする気になるものがありました。

それは、田園の中に立てられた「アフリカの田んぼ」と書かれた看板です。気にはなってはいたものの、朝の仕入れのバタバタにかまけて、特に調べることもないまま月日が過ぎていました。先日、少し時間に余裕があったので、車を道端に止め、「アフリカの田んぼ」について調べてみました。

アフリカの田んぼ
続きを読む


食いだおれ外遊 – 香港・マカオ・シンガポール –

徳本です。

昨日までの5日間、香港・マカオ・シンガポールに行っておりました。各国で「食」をテーマに、ひたすら食べ、視察し、とにかく歩き回った5日間でした。

曇り空の香港。世界有数の金融都市であり、狭い土地に高層ビルが乱立しています。しかし、高層ビル郡を少し抜けると昔ながらの庶民の生活風情が感じられたり、文化的な要素も多々感じられます。

香港の街
続きを読む


夏の日に想うこと

こんにちは、和多瀬です。

先日、佐々木が書いていたしゃんしゃん祭りの翌日、15日には花火大会があり(4000人が雨乞いの踊りを舞った翌日に花火大会という流れが解せない理屈っぽいわたしですが)、お盆と呼ばれる期間が終わりました。鳥取に一時帰省していた人たちがふたたび鳥取を離れ、いつもの静けさを取り戻しつつあります。

花火大会のあった日の正午頃、わたしはYouTubeで終戦の詔勅(玉音放送)を聞きました。
続きを読む