月別アーカイブ: 2009年11月

頭の中は鳥取網代港産松葉ガニ

徳本です。

ここ最近、2日に1回は鳥取網代港の浜勝商店にお邪魔しております。

ここ鳥取県網代港で水揚げされる松葉ガニを、わったい菜ならではの表現やパッケージで伝えていくべく、濱田専務と密な打合せをし、取材もあわせて実施しています。

水揚げされたばかりの松葉ガニ

水揚げされたばかりの松葉ガニ

松葉ガニを茹でる

下の写真は、松葉ガニを大きな鍋で茹でているところ。大きさや重さなどで茹で時間を分単位で調整しています。すごい。
続きを読む


松葉ガニの初セリ

徳本です。

松葉ガニ漁船での体当たり取材を終え、そのまま網代港松葉ガニ初セリの取材しました。

鳥取網代港での初セリ

仲買人、見物人、漁協関係者、報道陣など場内は多くの人でごった返しておりました。

鳥取網代港のセリ

セリ開始の鐘の音が場内に響き渡り、セリがスタート。セリ人と仲買人の激しいやり取りが始まります。
続きを読む


松葉ガニ漁、本日解禁

徳本です。

松葉ガニ漁がいよいよ解禁になりました。

この度、わったい菜にて扱わせて頂く鳥取県網代港産の松葉ガニ。鳥取県青谷沖約40キロ付近の漁場で獲れる松葉ガニは、色・形・味、全てが超一級品です。

徹底した現場主義を貫くわったい菜としては、どうしてもカニ漁船に乗りたくて、浜勝商店と網代漁協のご協力の元、松葉ガニ漁船に同乗させて頂きました。

唸るディーゼル、底引き網のロープを引く巨大なウィンチの音、漁師たちの掛け声と巧みなチームワーク、跳ね上がる潮飛沫、朝焼けに輝く日本海、時折見せる漁師たちの力強い笑顔、そして、松葉ガニの威風堂々とした姿。

初めてのカニ漁船。全てが鮮烈でした。正に男の仕事ですね。